人気に左右される中古車

中古車の場合、定価というのは存在しません。新車で購入する時には定価があるのに、中古車になると定価がないなんておかしな感じがしますが、中古車の価格は人気によって価格が決まってしまうため、買取専門業者は、車の買取価格を決める際にはオートオークションなどの人気度を基準としているよう。

 

人気車種、人気グレード、人気の装備がついているものは当然、買取金額は高くなります。
人気の少ない車は、新車時の定価に関係なく残念ながら低くなってしまいます。

 

そして、人気のある買取価格を左右するのは年式となります。
年式によっても、価格はどんどん変わっていきます。

 

例えば200万円の車を購入したとします。
購入した年に、その車を手放す場合には170万円となります。
更に、2年目は140万円、3年目は110万円、4年目は80万円、5年目は50万円、6年目には20万円となってしまいます。
このように、車の価値は年々、日に日に下がっていくということになります。
こういったことを考慮した上で、買取価格が決まることになります。

 

ただし、例外として人気モデルや希少車種の場合には、特別な値段で取引されているというものもあります。
次にボディーカラーも重要となります。
一般的には、白、黒、パールなどが人気の高い車種となり、緑、茶色、黄色などは低い査定となってしまいます。

 

その他には、人気グレード、純正のオプション、アルミホイール装着など。
買取業者によっては、社外オプションでも人気のあるものであれば査定はプラスになります。
こういった要素を、ちゃんとプラスとして査定してくれるお店を選ぶと良いでしょう。

 

 

愛媛の中古車査定